プレゼンテーション作成のヒント

引き続きプレゼンテーションセミナーの内容からご紹介します。改めて確認ですが、プレゼンテーションは、提案プロセスの終盤の一ステップです。提案書提出後に提案内容を説明する機会があります。

スライドにのせるテキストの表記について、ヒントとなりそうなことをリストしました。

コミュニケーションの目的(Communication Purpose)はテクニカルコミュニケーションでは基本ですが、スライドのタイトル13文字、1文35字などはさまざまな意見を総合して掲載しました。要はタイトルは1行に収め、文は単文で短く伝えることをおすすめしております。スライドを見たときに、ひと目で分かることがポイントです。

なお、プレゼンテーションで発話する文は、端的であるほど魅力的に聞こえます。さまざまな方のプレゼンテーションを聴いてみることをおすすめします。

以上、ご参考にしていただければ幸いです。

ひと目見て分かる文、読んで分かりやすいテキストの「形」