体験者の皆様の声から / 外資系IT製造業 営業管理職 NO様

『非常に分かりやすく、印象的で、
 何をしなくてはいけないのか、目指さなくてはいけないのか、ぱっと見で理解ができる』

 

お客様   : 大手物流企業

プロジェクト: 全国拠点のネットワークの更改、及びに拠点の新サービス展開の提案

提案書   : 顧客CIOと中長期的なビジョンの共有を行うため、中長期的な視点からのビジネス展開・ソ

        リューションの提案を1枚で語る(実際には1枚+数枚を準備)

依頼の目的 : 歴史的な大規模案件で、関係者が非常に多く、全員一致して同じビジョンを共有する必要を

        認識。「ひと目見てわかる」提案書づくりにプロポーザルマネージャーのサポートを依頼。

経緯

内容が見えていなかったことが課題だったため、それを早く、誰の目にも明らかに描くことが最も重要でした。繰り返しディスカッションをしながらその場でラフな絵を描き、描き換えを繰り返して、中長期にわたるビジョンを絵にしました。多忙で、なかなか全員が一度に集まれない担当ばかりの中でのとりまとめを依頼したわけですが、出来上がったとき、「ひと目見てわかる」は、最大限に実現できたと確信できました。

結果

できた提案書は、担当するお客様に対する、全ての場面でお見せしました。お客様CIOとの面談時、現場とのイメージ共有、販売代理店との提案内容のすり合わせ、社内でのプロジェクト報告などなど。

 結果、お客様から『非常に分かりやすく、印象的で、何をしなくてはいけないのか、目指さなくてはいけないのか、ぱっと見で理解ができる』と高評価をいただいたときは本当に感じ入りました。

その後もこの提案書がいわばバイブルとなり、当社内でも、新規加入メンバーのプロジェクトへの理解を促し、海外のエグゼクティブの判断を仰ぐ際にも大いに活用され、全社として目指すべき方向性がブレずにこの大型案件の獲得が叶い、本当に感謝しています。

何年にもわたり、各フェーズ毎の同プロジェクトの提案書の作成にはいつも関わっていただきましたが、このときほどゼロからの産みの苦しみを味わったことはありませんでした。しかしその分、ここまで息の長い効果があるとも想像していませんでした。「紙」の力をまざまざと感じた案件でした。