ページレイアウトの力

今年の米アカデミー賞授賞式中継を、偶然リアルタイムで観ていたのですが、イベント中の最後、もっとも盛り上がる作品賞の読み上げで、受賞者が書かれたカードが間違っていたというハプニングがありました。

プレゼンターが渡されていたのは、すでに受賞し終わっていた主演女優賞のカードと同じもの(受賞者のエマ・ストーンは、自分のカードは手元にあると言っていました)。本当の作品賞受賞者が書かれたカードではありませんでした。

間違って呼ばれたチームが喜びのコメントをする中、本当の受賞チームが別であることが判明し、すぐに壇上の人たちが交代してコメントする等、大混乱の中で終了した今年のアカデミー賞。

番組終了時に初司会だったジミー・キンメルが、僕のせいだといって終わりましたが、それはもちろん、違いました。

誰が犯人だ、という記事は少なかったのが救いではあるのですが、今までなら観られなかったカードの文面が今回明らかになり、受け渡しの罪よりも、カードの文面の酷さが話題になりました。

それがこの記事に詳しく書かれています。

書かれているのは、誰もが間違えずに、正しく情報を認識できるように、ユーザーエクスペリエンスの観点からカードを作り直した過程です。

英語ですが、レイアウト変更をしたものが1ステップずつ丁寧にキャプチャされているので、上から順にスクロールしていくと、改善の過程が見た目でよく分かります。

出来上がったのは、まるで名刺のようなデザイン。名刺ってやはり分かりやすさだな、ブランドも大事だな、と違うところでも納得します。

わかりやすいページレイアウトは、

  『 まとめる 』
  『 そろえる 』
  『 メリハリ 』

の3つがポイントです。
そのすべてが網羅されているよい例ですので、ぜひ一度下記に見に行ってみてください。

https://blog.prototypr.io/redesigning-the-oscars-winner-card-a-c-r-a-p-analysis-d9de9840c601

 

 


=========================================
テクニカルコミュニケーター協会シンポジウム 8月23日(水)10時15分から特別セミナーに登壇します。
場所:武蔵小金井 東京学芸大学小金井キャンパス
開催内容:高生産性時代のプレゼンテーション

勉強カフェ提案部 | 次回は9月23日(土)です!
場所:勉強カフェ溝の口スタジオ
開催内容:文章の書き方編
http://eventinfo.benkyo-cafe.net/event/37609

提案書作成コンサルタント 水嵜 清美 |  グッドプロポーザル
提案書の教科書本『コンペ・入札で勝てる提案書』